《徹底分析》リンゴ酢で首イボ除去!?逆に悪化する可能性大!?

リンゴ酢 首イボ

 

「この憎っくき首イボをどうにかして取り除きたい…」

 

 

そんな時ネットで目にした「リンゴ酢で首イボ除去」という情報!なんでもリンゴ酢を使って首イボをケアすると数週間で首イボが変色し、ある日ポロリと取れるんだそうです。

 

 

「これはすごい!すぐにでも試してみなければ!」

 

「はい!ストップ!!!残念ながら、リンゴ酢ではその首イボには効果を見込めません!」

 

 

そればかりか、お肌を荒らしてしまう可能性もあるんです…その理由を説明していきたいと思います。

 

 

 

 

リンゴ酢がイボに効果があると言われている理由?

 

まずリンゴ酢を使った首イボケアの方法からご紹介します。リンゴ酢といえば、炭酸やジュースに混ぜて飲むという活用方法を思いつく方が多いかと思いませんが首イボケアに用いる場合、飲みません!

 

 

「塗るんです!」

 

 

用意するのはリンゴ酢とガーゼ・マッサージに適したオイルだけ。

 

リンゴ酢での首イボケア法《手順》

ガーゼにリンゴ酢を適量染み込ませ、イボがある部分に貼り付けます。ガーゼを貼り付けたまま3時間程放置したあと、ガーゼを取り除き患部についたリンゴ酢を優しく拭き取って終了。この工程を1日一回毎日行うと、次第にイボは茶色く変色してきます。イボが変色したらリンゴ酢でのケアをやめ、今度はオイルで変色したイボの部分をマッサージします。そうするとある日イボがポトリと落ちるんだそう…

引用:http://simplehappyecolife.com/

 

 

ウソのような話ですが、このケア方法にはれっきとした根拠があるんです!イボは大きく分けて「ウイルス性」と「非ウイルス性」の2種類あり、ウイルス性のイボの原因はもちろんウイルスです。ウイルス性イボは通常自然に治るということは稀で、ウイルスを何らかの方法で死滅させないと他の部分へ感染してどんどん広がってしまう可能性もあるんです。

 

このウイルスを死滅させるために利用するのがリンゴ酢などのお酢なんです。お酢には高い殺菌効果があるのはご存知だと思いますが、この殺菌効果でイボのウイルスを死滅させてイボを治していくということですね。カンの良い方はお気付きだと思いますが…

 

 

「そうなんです!首イボはウイルス性のイボではないんです!」

 

 

ウイルス性のイボと非ウイルス性のイボにはそれぞれ「できやすい場所」というものが存在します。まずウイルス性のイボは指やかかとなど、皮膚の分厚い部分にできやすいという特徴を持っていて、首などの角質の薄い部分にできるのは稀だと言われています。それに対し、非ウイルス性のイボは首やデコルテなどの皮膚の薄い部分にできやすいんです。

 

  • ウィルス性のイボ→指やかかとなどの皮膚の分厚い部分
  • 非ウィルス性のイボ→首などの角質の薄い部分

 

 

「つまり、皮膚の薄い首にできているイボは非ウイルス性の可能性が高いんです!」

 

 

だから、非ウイルス性である首イボに一生懸命リンゴ酢を染み込ませても、イボがポロリと落ちることはないということなんです…

 

 

「首がお酢臭くなるだけです…汗」

 

 

いえいえ!首が臭くなるだけならまだマシです。実はリンゴ酢を毎日お肌に貼り付けていると「首イボを悪化させてしまう可能性」もあるんです…

 

 

 

 

リンゴ酢で首イボが悪化?!

 

ウイルス性のイボの原因はウイルスですが、では非ウイルス性のイボの原因は何なのでしょう?非ウイルス性のイボはターンオーバーが乱れることにより、古い角質がお肌に張り付いたままになってしまい、その角質が固まってできてしまうと考えられています。

 

このターンオーバーの乱れの原因となっているのが「老化・紫外線・お肌の乾燥・摩擦」などが原因で起こるお肌のダメージなのですが、実は「お酢はこのお肌のダメージを悪化させてしまう可能性」があるんです。

 

お肌の表面にくっついた古い角質を取り除くアイテムとして、ソフトピーリング石けんや拭き取り化粧水などが販売されていますよね。このソフトピーリングアイテムには、「AHAというフルーツや発酵乳などから抽出される酸が配合」されているものが多いんです。

 

このAHAには角質を柔らかくしたり除去する役割があり、古くなった角質を取り除くことでツルツルのお肌に導いてくれるんです。ただし、使いすぎには注意が必要で、AHA配合の製品を毎日使っているとお肌は必要以上に薄くなって乾燥が促進したり、お肌が敏感になってしまうという事も起こりえるんです。ですから、お肌を必要以上に傷つけないようにAHA配合のピーリングアイテムは週に2回ほどの使用が望ましいとされています。

 

 

「そして、リンゴ酢にもAHAは含まれているんです…」

 

 

首イボができているということはターンオーバーが乱れているということ。ということは、お肌にはターンオーバーを乱れさせるだけのダメージが蓄積されているということなんです。そんなところに毎日AHAたっぷりのリンゴ酢を貼り付けられてしまうと…

 

リンゴ酢は首イボを悪化させる原因に…

「お肌はどんどん弱ってしまい、新たなターンオーバーの乱れを招いてしまうのは想像にかたくないですよね…」つまり、リンゴ酢は首イボを悪化させる可能性のほうが高いっていうことなんです!そんな間違った首イボケアをするのではなく、自宅で安心して毎日ケアできる「首イボ専用化粧品」などを使って、ツルツルの首を取り戻してくださいね!

 

最新の首イボクリーム比較ランキングはこちらから